☆稽古場ブログ始めました!                                                                            花ざかりのオレたちです。の稽古の様子を花オレ。メンバーが ランダムでフリーダムにお送りします!→→→→花オレ。稽古場ブログ

2010年02月28日

チケット予約開始!


『三五大切』
原作:鶴屋南北『盟三五大切』
脚本・演出:山本卓卓(範宙遊泳)


【作品紹介】
★女の欺瞞に引っかかり、復讐の鬼と成る源五兵衛。
父親孝行のために金を作ろうとする小万と三五郎。
幕末の底辺に生きる人間達の凄まじい愛憎劇を
鋭い切り口で範宙遊泳の山本卓卓がかわいく描く!


【日程】
2010年3月22日(月・祝)〜31日(水)全8ステージ

■OBIRIN
 3月22日(月・祝)…19:00
 3月23日(火)…19:00
 3月24日(水)…14:00

桜美林大学 徳望館小劇場 
〒194-0294 東京都町田市常盤町3758
*神奈中バス「桜美林学園」下車、徒歩1分
*JR「淵野辺駅」徒歩25分(道は直線です)

桜美林大学が遠い!と思うそんなアナタへ
劇場へ行くのがちょっとだけ楽しくなるようなイベント考え中!
案1)町田花オレ。案内人 案2)佐賀モトキの家を探せ!...etc
★詳細は後日WEB、予約確認メールにて

⇒桜美林公演チケットフォーム
http://ticket.corich.jp/apply/19100/

■WASEDA
 3月26日(金)…19:00
 3月27日(土)…14:00/19:00
 3月28日(日)…14:00

早稲田どらま館
〒169-0071
東京都新宿区戸塚町1-101
*東京メトロ東西線「早稲田駅」下車、徒歩3分

⇒早稲田公演チケットフォーム
http://ticket.corich.jp/apply/19101/


■OUJI
 3月31日(水)…19:00

王子小劇場
〒114-0002
東京都北区王子1-14-4 B1F
*東京メトロ南北線、JR京浜東北線「王子駅」下車、徒歩5分
*公演期間中のみ03-3911-8142(ロビー直通)

⇒王子公演チケットフォーム
http://ticket.corich.jp/apply/19102/


【料金】
全席自由・日時指定
一般:2000円 学生1500円 卒業生:1200円 (全会場共通)
*当日券はそれぞれ300円増しでの扱いになります。

*未就学児のご入場はご遠慮いただきます。
*「卒業生」とはこの春に学校を卒業する人を対象にした割引です。
 学生証を受付にてご提示の上、有効期限を確認させていただきます。
*学生券ご予約の方は受付にて学生証の提示をお願いします。
*桜美林大学徳望館小劇場ではARTS(共通芸術貨幣)の使用が可能です。
*開演の5分前までにご来場いただけないとご予約がキャンセル扱いになる場合がございます。

◎2010年2月24日(水) AM10:00予約受付開始


【チケットご予約】
■予約フォーム
各URLより必要事項を入力してください。

⇒桜美林公演チケットフォーム
http://ticket.corich.jp/apply/19100/
⇒早稲田公演チケットフォーム
http://ticket.corich.jp/apply/19101/
⇒王子公演チケットフォーム
http://ticket.corich.jp/apply/19102/

■E-MAILにて
hanaore@gmail.com に、タイトルを『予約』とし、@お名前(ふりがな) Aご希望日時 B券種 C枚数 Dご連絡先 を本文に明記の上送信してください。
こちらからの返信をもってご予約完了とさせていただきます。


【出演】
■桜美林大学
佐賀モトキ
大橋一輝(範宙遊泳)
熊川ふみ(範宙遊泳)
大石憲

■青山学院大学
永島敬三

■早稲田大学
清水穂奈美
高木健(タイタニックゴジラ)

■明治大学
大柿友哉(害獣芝居)
金丸慎太郎(国道五十八号戦線/贅沢な妥協策)

■日本大学芸術学部
望月綾乃(ロロ)


【スタッフ】
舞台監督:木村光晴 桜井健太郎
舞台美術:三井優子
音  響:古川直幸
照  明:山内祐太
衣  裳:飯田裕幸
宣伝美術:だり子(薔薇色乞食)
演出助手:入倉麻美 菅原和恵
制  作:赤羽ひろみ
企  画:佐賀モトキ 大橋一輝


【お問合せ】
■WEB:http://hanaoredeath.seesaa.net/
■E-MAIL:hanaore@gmail.com
■TEL:090-4130-1775(制作:あかはね) 


【花ざかりのオレたちです。とは?】
1987,8年生まれの「最強の学生演劇人」たちによる「最強の学生演劇」がしたいという強い想いで佐賀と大橋により企画・発足された『演劇天下一武闘会』のような企画。それぞれ違う大学で違う演劇を学んできた俳優たちが学生として本当に最後の公演を行う。
のらりくらりと思い出作りのような演劇している学生どもの尻を叩き、学生演劇の質の向上と、地位の獲得を狙う。加えて、今小劇場界を一線で盛り上げている素晴らしき先輩方に、若き脅威の参上と、期待を抱いてもらうべく愛の下剋上をつきつける。
立ち上がれ学生。死にたいぐらいに生きるのだ。



posted by 佐賀モトキ at 00:37| Comment(3) | 公演詳細 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。